Pastelaria Azul

アクセスカウンタ

zoom RSS 知床(9)峠を越える前に

<<   作成日時 : 2014/04/11 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
ビジターセンターに戻りました。

カムイワッカ湯の滝へのバスのターミナルであるだけでなく、

お土産屋さんがあったり、

知床の案内があったり。

ここから、海岸の方にフレペの滝への遊歩道があるようなのですが、

閉鎖されていました。

やはり、

画像

前日にクマが出たから、

ということで。

バスの中から、

このビジターセンターのすぐ近くにもシカがたくさん出ていたので、

駐車場がある裏手にまわってみることにしました。

僕は車を正面側の駐車場に置いていたのですが、

裏手にまわると、

まあ、たくさんいました。

画像

シカが。

一度にこんなにたくさん出てくるとは。

しかし、

こちらには関心を示すことなく、

黙々と悠然と、

草を食べていました。

そして、

日が暮れないうちに山越えに挑むことにしました。

画像

次回は、知床峠です。

気に入っていただけましたら、クリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
芸術・写真
海外旅行

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
10年以上前になりますが、冬にこの場所を訪れて、ビジターセンターとフレペの滝の間をクロスカントリースキーを履いて往復しました。
後にも先にもクロカンを体験したのはこの時だけで、ソチ五輪を見ていたらまたやりたくなってきました(関西近辺ではやはり難しいようです)。
kenさんは北海道ご出身のようですが(美深町でしたっけ…?)、やっぱり小・中学校の体育の授業でスキーをやったりするのでしょうか?

そういえば鹿もいましたね。写真のようにうじゃうじゃ、というわけでは無かったのですが。ビジターセンターへ帰った時に興奮気味に報告したら、ありふれたことなのか反応が芳しくなかったのを覚えています(笑)。
chikocrape
2014/04/12 00:43
chikocrapeさん>
知床でクロカンですか!
冬の知床には行ったことがありませんが、
海沿いは雪が少ないイメージがあり、
(網走や釧路は冬それほどの積雪量ではなかった)
ここでやれたというのはとても貴重な体験のように思います。

僕の地元美深は山の中で、
小学校から歩いて25分くらいで町民スキー場まで行けることもあり、
3学期の体育は全部スキーでした。
(低学年は町民スキー場ではなく、学校の前に除雪で積みあがった雪山で練習)
中学校はその限りではなかったですが。
北海道の冬休みは長いので(その代わり夏休みが内地より短い)、
お年玉でシーズン券を買って毎日弁当を持ってソリにスキーを載せてスキー場に行くのが冬休みのほぼ日課でしたね。
町営のスキー場なので山は小さいですがリフト券が安く、
大学の頃に信州に行ったときはリフト券の高額ぶりに驚きました。
信州の2日分で美深では1シーズン滑れますから(笑)

ただ、美深周辺では鹿に遭ったことがないですね。
僕は道東での遭遇率が高く、それ以外だと支笏湖あたりで遭遇することが多いですね。
このあたりのリアクションは道内各所で変わってくる気がします。
ken(管理人)
2014/04/13 11:30
いつも丁寧なお返事をいただき、とても感謝です。

やはり雪国ではちょっと体験するどころか、冬じゅうみっちり!なんですね。
私の父親の趣味がスキーなので、小学生の頃は毎年越後湯沢へスキー旅行に出掛けていたものの(当時は東京住まいだったので)、それ以降はずっとご無沙汰です。
リフト券の高額ぶりは現役スキーヤーの父親がいつもボヤいていますが、信州の2日分で美深の1シーズン分とは驚きですね。我々からするとスキーは気合を入れてレジャーとして行くものですが、本当に身近なスポーツなんですね。「隣の芝生は青い」ではないですが、都会育ちの人間にとっては非常に羨ましい環境です。
それにしてもクロスカントリースキーは野山を歩くだけならばタダなのに、日本ではなかなか普及しないのは謎です…。

私も以前釧路の人と雑談した時に、釧路と旭川とでは雪の量が全然違う、と聞きました。内地の人はついつい北海道全体をひとくくりにしてしまいがちですが、シカの分布しかり、広大な北海道の多様性を実感します。
chikocrape
2014/04/14 22:23
chikocrapeさん>
こちらこそ、いつもご来訪ありがとうございます。
美深のスキー場が「リフト」になったのはここ十数年だったかと思います。
それまでは「ロープトー」という、
縄の先に板がついているものを両足で挟んで引っ張られるように山を登っていたので。
その分、今よりリフト代は安かったのですが。
時代というか、田舎というか。
そういえば、僕もクロカンのスキーは使ったことないですね。
アルペン用のスキーとは全く違うし、街中だとスキーを履いて・・というのは結構危険ですし。
越後湯沢ですか・・・あちらは行ったことがないですが、
野沢温泉や白馬に行ったときは、山が大きいなあと感じました。
北海道だと富良野やトマムは大きいと思いますが、
そこまで行かず「いいよ、美深の山で」と、本数重視でしたね(笑)

たしかに、釧路と旭川では気候はぜんぜん違いますね。
夏も寒いけど冬それほど寒くないという印象でしょうか<釧路
僕は「大陸ですから」と言ってます(笑)
ken(管理人)
2014/04/16 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
知床(9)峠を越える前に Pastelaria Azul/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる